見てもらえる動画をつくる

動画の投稿で気をつけたいこと

動画を扱う上で注意したいこと

SNSに投稿されている動画や動画投稿サイトの動画を見ていていると、実にさまざまな動画があることに気づきます。
ニュース映像やテレビ番組断片、ミュージックビデオなど、ありとあらゆる映像があるのです。
しかし、これらの中には違法なものがかなり含まれているのをご存知でしょうか。
自ら撮影した動画であればなんの問題もありませんが、テレビ番組など他者が撮影した映像(コンテンツ)については、勝手にアップロードすることは禁止であり、犯罪になる場合があります。
なぜなら、それら映像コンテンツには著作権というものがあるからです。
他人の映像を勝手に加工、編集したりしてアップするのももちろんNGです。
ちなみに自分で選んだ音楽をBGM(著作権フリー以外の)としてつけるのもNGです。

ルールを守って楽しく

インターネットが普及し、スマホがさらに普及していますが、情報の拡散はますます速くなるばかりです。
いち早く情報を受け取ることができる便利な時代になったことで見過ごされがちですが、著作権などについて知ることは、動画や画像を扱う上で必要です。

SNSや動画投稿サイトにおける動画や画像についての掲載のルールは、今後は整っていくと思われますが、テレビの放送や販売されているDVDのコンテンツのアップロードの違法性などについては基本的知識として持っておいた方がいいと思います。
身近なところでは、アニメやゲームの動画(自分がプレイしても)も基本的にはNGです。
ルールを守って動画を撮影、そして投稿して楽しみましょう。