見てもらえる動画をつくる

短い動画の作り方

今ではさまざまなSNSがありますが、動画がアップされているのをよく見かけます。
最近は動画をアップする人がほんとに増えています。
SNSが始まった当初は、やはり文字が中心でした。
しかし、スマホの普及とともに動画をどこにいても視聴できる環境が整いました。
画像投稿形のSNSや、短文形式のSNSなども登場して各種増えてくると、それぞれのSNSで動画を共有できる機能が付加されたりしています。
いまやほとんど動画共有できるのではないでしょうか。
ちなみに世界でもっともユーザーが多い有名なあのSNSでは、某動画投稿サイトの動画も共有可能ですが、直接投稿することもできます。
最近ユーザー数が女性を中心に増えている画像共有型のSNSでは、動画の投稿が可能になりました。

きれいな写真も魅力的ではありますが、やはり動きの絵はほかには大きなインパクトがありますよね。
なにより、言葉は必要なくても誰でも理解してもらえます。
ちなみにチャット機能と音声通話で皆さんお使いかもしれませんが、日本で最もユーザーが多いあのSNSでも動画共有できます。
意外にも短文形式で投稿できるあのSNSでも動画共有の機能がついています。
SNSのサービスを提供している会社でも投稿の方法はわかりやすく解説してありますが、SNSだけに検索すればたくさんの方々がそのやり方を説明しています。
投稿したい動画があればチャレンジしてみる価値は大いにありそうです。
その前に動画作りですが(笑)。

SNSへの動画投稿は簡単?

このきれいな動画をどうやってつくったのだろうって思うことがあります。 プロがつくったように文字が入ったり、上手に編集されていたりしますよね。 そのような動画を編集するアプリがあると思うのですが、簡単に入手できるものなのでしょうか。 また、すぐ使えるものなのでしょうか。

動画を撮るなら?

写真にもさまざまなシチュエーションがありますが、動画についてもモチーフは無限大かもしれませんね。 旅行に行けば風景動画がありますし、スポーツ観戦でもいいです。 動物や植物、それこそ撮りたいモチーフはどこにでもあります。 またはメッセージでもいいです。

動画の投稿で気をつけたいこと

自分で撮影した動画でも気をつけたいことはあります。 例えば、その場所が撮影が許可された場所なのかどうかとか、また一緒に映ってしまう人に許可はとってあるのかとかですね。 ネット上にさまざまな動画が公開されていますが、 動画を投稿するにあたり、注意したいポイントを調べてみます。